イメージ画像

  1. HOME
  2. ご利用方法
  3. 業務内容 個人のお客様

個人のお客様

 当事務所は、弁護士の少ない亀岡に根を張る事務所であり、亀岡市・南丹市・京丹波町を中心とした地域の方にとって、一番の身近な窓口となれるよう心がけています。

相続・遺言書作成

(例えば)

  • ・父親が亡くなったのですが、兄弟間で誰が何を相続するのかもめています。
  • ・私は一人っ子で、相続などで問題になることはないと思っていたのですが、父親が亡くなって戸籍を調べると、父と前妻との間に子がいることがわかり困っています。
  • ・高齢の父親の物忘れがひどくなってきており、父も自分が死んだときにみんながもめないように遺言書を書きたいといっているのですが、どのように書けばいいかわかりません。
  • ・父親が亡くなったのですが、私たちに内緒で多額の借金をしていることがわかりました。どうしたらいいでしょうか。

 このような場合に、遺言書作成、相続放棄の申述など、相続問題に関する様々な事件を広く扱っています。

 相続を「争族」にしてしまわないための具体的な方法、その他についてともに考え、最も適切な方法をお答えします。

交通事故

(例えば)

  • ・交通事故にあい、相手の保険会社から示談金の提示がありましたが、納得がいきません。
  • ・自分の加入している保険会社が相手方と示談交渉をしてくれていたが、相手方が全く応じる気配がなく、どうしようもありません。

 このような場合に、交通事故の加害者・被害者との示談交渉、加害者への損害賠償請求の交渉、訴訟など広く扱っています。

離婚

(例えば)

  • ・夫が浮気をしていることがわかり、離婚したいと思いますが、どのように進めたらいいのかわかりません。
  • ・夫と離婚したいのですが、将来の生活や子どものことが不安です。
  • ・話し合いによる離婚は無理そうなのですが、今後はどのような手続をとったらいいでしょうか。

 このような場合に、離婚や財産分与・親権・養育費などの問題についての交渉、訴訟全般を広く扱っています。

借金・過払い

 自己破産・個人再生の申立てや過払い金の請求など。身近な窓口で、様々な問題に対応します。

成年後見・任意後見

 当事務所では、認知症など判断能力が低下した方をはじめ、高齢者の方が生き生き安心して暮らしていけるためのサポートに力を入れています。成年後見の申立てのほか、将来のご自身のための任意後見契約や介護問題での法的問題全般について、ともに考え、とりうる対策を講じていくことが大切だと考えています。

財産管理

(例えば)

  • ・高齢となってご自分で財産を管理するに当たって、不安があります。
  • ・親の介護を一人でやっており、親の預貯金から費用を支出しているが将来親が亡くなり、相続となった時に兄弟から色々言われないか心配です。

 このような場合に、弁護士との間で財産管理契約を行い、弁護士が責任をもって大切な財産を管理することが、安心・安全につながるかと考えます。当事務所では、財産管理契約一般についても、広く扱っています。

労働問題

 不当解雇・時間外手当の不支給、セクハラ・パワハラ問題などの労働時間に関する交渉。調停・訴訟等全般について、扱っています。

消費者被害

(例えば)

  • ・訪問販売やマルチ商法などの悪徳商法で被害にあいました。
  • ・多額のリースを組まされましたが、販売会社が倒産してリース料だけ請求されています。
  • ・未公開株式に投資させられ多額のお金を振り込みましたが、全く連絡がとれなくなりました。

 このような場合に、消費者被害に関する問題について親切・丁寧をモットーに対応いたします。

債権回収

(例えば)

  • ・取引先が売掛金を支払ってくれません。
  • ・お金を貸したが、期限を過ぎても全く返してくれません。

 このような場合に、債権回収のための交渉や、裁判、執行等全般を扱っています。

不動産賃貸

(貸主の方)

 滞納賃料の請求、長期賃料滞納者に対する明渡し請求など。

(借主の方)

 不当な明渡し請求に対する対応や敷金を返してくれない場合の敷金返還請求など。


 このような場合のほか、不動産に関する問題全般について広く扱っています。

その他民事一般

 上記のほか、契約問題一般、近隣とのトラブルなど、あらゆる民事事件についてまずはご相談ください。相談の結果、当事務所で取り扱えない事件については、ご希望により他の弁護士の紹介等適切な対応を心がけさせていただきます。

刑事事件・少年事件

(例えば)

  • ・夫が逮捕されてどうしたらいいのかわかりません。
  • ・子どもが万引きをして警察に逮捕されました。

 このような場合に、突然のできごとに対してあわてず、冷静に対応することが必要です。当事務所では、刑事事件と少年事件についての私選受任をさせていただきます。

ホームロイヤー(個人顧問)制度

 弁護士に相談するのは、問題が起きてからでいいし、一生涯世話になりたくない。そう考えておられる方が多いのではないでしょうか?

 しかし、日頃からかかりつけのお医者さんにみてもらっていると、いざという時にはすぐにみてもらえたり、大きな病気になる前に早期発見してもらえたりできます。このように、かかりつけのお医者さんの存在が大切なのと同じように、個人レベルにおいても、弁護士と顧問契約をすることによって、日常的な関係を築いておくことが問題の早期発見や問題を広げてしまう前の予防という観点からは大切です。

 このような意味から、当事務所では、個人レベルにおける顧問契約にも力を入れています。内容にもよりますが、月額1万500円(税込)からの契約も可能で、これからますます複雑となる社会において、安心して暮らしていくためのパートナー「かかりつけの弁護士さん」としてホームローヤー(個人顧問)制度を活用いただければと考えます。